学校長あいさつ

学校長あいさつ
『清明』新年度スタートしました
 「清明」は、一年を24等分し季節をあらわす名称を付けた二十四節気(にじゅうしせっき)の一つです。よく知られている名称には、春分、夏至、秋分、冬至などがあります。「清明」の文字は、4月5日頃の季節をあらわし、春先の清らかで生き生きとした様子が伝わってきます。5月1日から新しい元号「令和」の時代が始まります。新時代を迎える今、清々しくさわやかな始業式、入学式を行うことができました。
 新入生のみなさん・保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。また、2年生・3年生のみなさん・保護者の皆様、ご進級おめでとうございます。2年生125名、3年生159名。そして128名の新入生を迎え、全校生徒412名で平成31年度(令和元年度)の城山中学校がスタートしました。
 本校の生徒は、緑に恵まれた環境の中、本校のスローガンである「さわやかな挨拶と真剣な学び」のもと、着実に「確かな学力」を身につけ、「たくましい社会人」としての基礎的な力も身につけていきます。「確かな学力」とは「自分で考え、自己決定できる力」であり、「たくましい社会人」とは「働くことを通して社会貢献ができる力」です。挨拶と真剣なまなざしに満ちた本校で、何事にも挑戦し、夢をかなえる力を付けてほしいと思います。そして、保護者や地域の皆様のご理解・ご協力をいただき、教職員一同、生徒と保護者と共にあり、皆様の願いに応える能動的な姿勢で本校教育を推進いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

                          平成31年(2019年)4月城山中学校長