学校長あいさつ

学校長あいさつ
立春 締めくくりの三学期 

 新しい生徒会役員がリードしてくれた、元気な校歌で始まりを迎えた3学期も2月となり、暦の上では春の始まり(立春)を迎えます。
 3月12日に卒業式を迎える3年生のみなさんは、あと一ヶ月余りの内、登校する日は24日しかありません。試等が、始まっています。学習面での最後の仕上げをするとともに、高校など新しい進路先でしっかり頑張ろうという気持ちを新たにして、大切な日に備えましょう。
 3年生のみなさんに一つお願いがあります。3学期は、城山中のよき歴史と伝統を、2年生・1年生の後輩に伝える最後の機会です。学校における集団生活のあたりまえの基準やどう振る舞うかは、周りの人が、特に先輩がどうしているかによるところが大きいと思います。中でも挨拶と明るく元気に何でも取り組む姿を後輩に引き継いでほしいと思います。そのバトンを受け渡しする「リレーゾーン」が3学期です。残りわずかな時間ですが、先輩として日々の言動により、よき姿で後輩に示してください。
 2年生、1年生のみなさんは、それぞれの学年のまとめの大切な時期です。学習にしっかり取り組むとともに、寒い日が続いていますが、部活動などにも積極的に参加しましょう。冬場の地道な努力が後できっと大きな実を結ぶことでしょう。みなさん一人ひとりが健康や安全に気をつけて充実した3学期を送ることを願います。
 新しい年の始まりであり、学年の締めくくりの時期である3学期は、つい楽な方向に流されやすい私たちが、自分の「夢」や「目標」を改めて確認できる絶好の期間です。思い描いた「期待」と「希望」と「意欲」を忘れることなく、時々確認をしながら、毎日を過ごしていきましょう。
 保護者の皆様をはじめ本校生徒に関わる皆様にかれましては、暖かい見守りと励ましをよろしくお願いいたします。