学校の特徴

学校の特徴

1.学校教育目標

  「命いきいき、心ひろびろ」

  ☆ど真剣に学ぶ生徒  ☆心と体を鍛える生徒  ☆思いやりのある心優しい生徒


2.生徒目標

     「信中五心
    ・信じる心 ・強い心 ・美しい心 ・優しい心 ・楽しむ心」

 

3.学級数・生徒数・職員数

   学級数:12クラス

       1年2クラス 2年3クラス 3年3クラス 特別支援学級4クラス  

   生徒数:259名

       1年76名 2年86名 3年97名 

   職員数:41名 


4.地域の特色

 本町は滋賀県南部で三重県や京都府に隣接し、歴史的には紫香楽の宮や多羅尾代官所が置かれるなどの要所にある。現在では、日本六古窯の一つとして有名な陶器製造や、お茶、林業が町の基盤産業になっている。

 地域には、信楽青年寮や信楽学園などの施設があり、各地からそれらの施設に入所して町内の企業へ勤務している人の多い福祉の町でもある。


5.学校の特色

 広い校区の5つの規模の異なる小学校から入学してくるため、生徒同士の人間関係を育てる取り組みに力を入れている。生徒理解を基本にしながら、生徒の心のエネルギーを高め、自主性や協力性をはぐくむ活動や、豊かな体験を重ねることを重視した教育活動を意図的に取り入れている。その成果として、生徒会活動が活発化し、行事などの企画運営に生徒が積極的にかかわりつつある。

    

6.特色ある取組み

(1)陶芸・・・美術の授業の中で、地元の陶芸家に講師として指導いただきながら、作品作りに取り組んでいる。

(2)縦割り団活動・・・学年を縦割りのグループに分け、上級生が下級生に指導しながら、体育祭では「やっちくれ」の創作ダンス、文化祭では団合唱に取り組んでいる。

(3)意見作文発表会・・・全校生徒が思い思いのテーマで意見作文を書き、学級・学年・全校の生徒の前で発表している。

(4)三雲養護学校紫香楽校舎との交流、特別養護老人ホーム信楽荘ボランティア ・・・8月には福祉委員会及びボランティアの生徒が訪問し、紫香楽校舎の子ども達と一緒に様々な遊びして交流している。12月には特別養護老人ホームの大掃除のお手伝いをして喜んでいただいている。