学校長あいさつ

学校長あいさつ
  本校区は甲賀市南部に位置し、南は三重県伊賀市に接しています。南北に細長く、小丘陵が散在し、この丘陵の谷間に水田が入り込んでいる風景は、豊かな自然を実感すると共に、どこか懐かしく心温まる思いに包まれます。集落は、この小丘陵をぬって流れる浅野川に沿った平地と丘陵地に点在し、上流より上馬杉、下馬杉、上野川、下野川、柑子の5つの集落を形成しています。これらの集落は、昔から「滋賀の宮村」、「滋賀の模範村」と言われ、農事の改良や生活改善、社会教育の普及・充実に先駆的な役割を果たしてきました。昔より築かれてきた教育に対する思いを受け継ぐ地域の一致協力の気風が、学校教育への高い関心と深い理解となって、現在も物心両面で支えていただいています。
 本校では、少人数の良さを活かしながら特色ある学校づくりとして、「愛鳥活動」、「外国語活動」、「ふれあい交流」を3本柱として教育活動を行っています。特に「愛鳥活動」では、40年以上の取り組みをもとに、自然観察や環境保護活動、感動体験を通して豊かな心作りを目指しています。また、「外国語活動」では、外国語活動を通してコミュニケーション力の育成や自ら主体的に学ぶ意欲の向上に努めています。そして、「ふれあい交流」では、地域の高齢者の方との交流を通して、命・人権を大切にする実践的な態度の育成を図っています。
  
  今年度も「確かな学力」「豊かな心」「たくましい心と体」の育成に取り組んでまいります。以下に取り組みの重点をご紹介いたします。

「豊かな心」を育む

1.「愛鳥活動」を通して豊かな心を育む。
 ○「愛鳥の集い」で学級の鳥と学級目標の発表をします。
 ○春と冬の2回野外観察会を行い、全校発表会を持ちます。
 ○5年生「宮の鳥マップ」6年生「宮の歴史マップ」を作ります。
2.「校内人権の日」「ふれあい交流」を通して人権教育を進める。
 ○毎月1回「校内人権の日」の取組を行います。
 ○人権集会で様々な立場の方のお話を聞きます。(障がいのある方・外国の方など)
 ○上野川千歳クラブとの交流・やまなみ工房との交流(5年生)を行います。
 

「確かな学力」を育む 

1.子どもの「確かな学力」を育むための授業改善を行う。
 ○予習等を活かして自分の考えを持ち、授業で友達との意見交流を進めます。
 ○2学年合同学習で子ども同士の教え合いや学び合いを進めます。 
 ○『こうか授業術五箇条』を実践します。
 ○評価テストを行い、児童一人一人の課題に合った指導を行います。
 ○1年生から外国語活動を取り入れ、コミュニケーション能力を育てます。
2.家庭と連携して望ましい学習・生活習慣を定着させる。
 ○「生活習慣振り返りカード」や「家庭学習の手引き」を活用して、家庭学習の定着を図りま  す。

「たくましい体と心づくり」

1.基本的生活習慣を定着させる。
 ○「生活習慣振り返りカード」を通して家庭と連携しながら取り組みます。
    (早寝早起き・あいさつ・歯みがき・家庭学習・手伝い)
2.体力作りと健康教育を進める。
 ○週2回「すこやかタイム」(10分間運動)を活用して体力作りをします。
 ○栄養教諭による食育指導や養護教諭による保健指導を行います。
 ○「命の学習」(4年生)「薬物乱用防止教室」(6年生)を行います。

 今後も、地域との絆を大切にしながら、「宮の宝」である子どもたちの健やかな成長のため、教育活動の充実を図っていきたいと考えています。

                               甲賀市立甲南第三小学校 
                                校長 大杉 真由美