校章・校歌

校章・校歌

校章

校歌

        河 合 富 雄 作詞
   服 部   正 作曲

1.
たたなわる 山脈(やまなみ)青く 

光あり ここ紫香楽の 笹ヶ嶽(ささがだけ)

高きはいのち (のり)を仰いで 清々(すず)しく生きむ

 

2.
さわやかに 水の()しるく

平和あり ここ紫香楽の大戸川(だいどがわ)

 

清きはいのち 知恵をくみつつ 正しく生きむ

 

3.
たくましき 息吹(いぶき)の煙 

歓喜(かんき)あり ここ紫香楽の (かまど)もゆ         

強きはいのち   (わざ)を修めて 明るく生きむ

 

4.
ゆたけくも 千歳(ちとせ)かわらぬ

 

みさおあり ここ紫香楽の茶の香り

(なお)きはいのち 道を求めて 雄々しく生きむ

 

5.
はるかなる 歴史にのこる

(いさお)あり ここ紫香楽の偉人(ひと)偉業(わざ)

真理(まこと)はいのち 固く結びて 社会()のため生きむ