非常変災時の措置

非常変災時の措置について

1,暴風警報及び特別警報の発令時における措置

  • 午前7時において 暴 風 警 報 および「大雨、暴風、大雪等を含む 特 別 警 報」が発令、あるいは発令中の場合は、 臨時休業とします。 

(連絡は緊急メールにて行う予定ですが、各自『気象情報』でご判断ください。)

   ※ 臨時休業の場合、翌日の学習予定は「時間割通り」持たせてください。

 

 ◎当日のテレビやラジオの「気象情報」にご注意ください。

 

2,暴風警報および特別警報発令前、解除後における特別措置

  • 午前7時以前の段階であっても、午前7時には暴風警報・特別警報の発令が必至と判断される場合には、校長が市教育委員会と協議の上、自宅待機、臨時休業とすることがあります。

  • 午前7時までに暴風警報・特別警報が解除された場合にあっても、児童の通学路の状況から災害等の危険が予測される場合には、校長が市教育委員会と協議の上、児童を自宅待機にし、必要に応じて始業時刻の繰り下げまたは臨時休業の措置をとることがあります。

  ◎自宅待機、臨時休業等の場合には、学校より連絡します。

       (希望小緊急メールにて連絡いたします。)

 

3,その他の警報(大雨、洪水、大雪)発令時の措置

  • その他の警報(大雨、洪水、大雪等の警報)の発令(中)の場合は、休業となりませんが、状況によって、臨時休業、始業時刻の繰り下げ等の措置が必要な事態となった場合には、校長が市教育委員会と協議の上、適切な措置をとります。

   ◎臨時休業、始業時刻の繰り下げの場合は、学校より連絡します。

        (希望小緊急メールにて連絡いたします。)

 非常変災時の送迎について

 緊急時児童送迎カード