校章・校歌

校章・校歌

校章

本校の校章は明治42年に作られ、知・徳・体を象徴するわかば3本と滋賀県を表す6角形の中に水口の文字を配しています。

校歌

【作詞】 巌(いわ)谷(や) 小波(さざなみ)     【作曲】  入(いり)江(え) 好治郎(こうじろう)

1.城(しろ)山(やま)高(たか)くあらずとも
  今(いま)の稚木(わかぎ)の生(お)い立(た)たば
      やがて雲(くも)をも凌(しの)ぐべき
    茂(しげ)山(やま)となる日(ひ)こそ来(こ)め

2.  野(や)洲(す)川(がわ)深(ふか)くあらずとも
      清(きよ)き流(なが)れに澱(よど)みなし
    岸(きし)に芥(あくた)もよせあえず
    濁(にご)りはせじなとこしえに

3.稚木(わかぎ)の勢(きおい)たのもしき
      ここを学(まな)びの庭(にわ)として
      清(きよ)き流(なが)れに我(わ)が心(こころ)
      うつしてたえず研(みが)かなん