学校長あいさつ

本校ホームページをご覧頂きありがとうございます

本校は、明治6年(1873年)3月8日、大久保に文明学校が設置され、その日を記念日とし今年創立147年目を迎えます。令和2年度は、10クラス児童数192名でスタートしました。

甲賀市甲賀町の中央部にあり、校区は東西約12km、南北約6kmと広く、西部にはJR甲賀駅、市役所甲賀大原地域市民センターなどの主要施設があります。中部は農村地帯、東部は鈴鹿山系に連なる山林となっており、自然に恵まれた緑多い地域です。

◇ 本校の教育目標

歴史、自然に恵まれた校区から本校では「ふるさとを愛し、豊かな心をもち、共に磨き合い、たくましく生きる子どもの育成」を学校教育目標にあげています。    

お互いの学び合いを通して確かな学力をつけ、お互いの心を通じ合わせて笑顔にあふれ、学校へ行くのが楽しい学校となるよう「ともに学ぶ子」「ともに生きる子」「ともに励む子」を合い言葉に児童の育成を行っています。

また、児童が故郷を愛し、自分への夢を持てるよう、地域の人とつながる活動、本物に出会う活動など様々な地域に根ざした取り組みをおこなってまいります。

 

◇ 学校・地域の様子

校区には、鈴鹿国定公園の特別地域とされている大原ダムがあり自然に恵まれた緑多い地域です。4月には櫻の花が綺麗に咲き誇ります。また、日本最古座像のある櫟野寺が近くにあり歴史の深さを感じます。

大原小学校の運動場には子どもたちを見まもるかのように樹齢200年以上も生き続ける大きなケヤキ、そして、その隣には春、秋の相撲大会を今か今かと待ち望む伝統ある土俵がしっかりと腰をおちつけています。また、そばを流れる大原川のほとりには、約20年前、卒業記念として植えられたソメイヨシノ、八重桜、牡丹桜など多くのサクラが咲く時期をずらしながら春の彩りを見せてくれます。

◇ 本校の特色

本校の特色として、「子が植え 親が育てる」を合い言葉にした6年生の植林活動、櫟野寺で行う4年生の相撲大会、全国大会に28回以上の出場を誇る交通安全子ども自転車大会参加など数多くの伝統に支えられた取り組みを行っています。

これら歴史ある活動は学校の行事への位置づけと共にそれぞれの活動を学校全体、各学年の教育課程として行い充実を図っています。いずれも歴史と伝統を持ち、学校と保護者・地域が力を合わせて築きあげられてきました。保護者・地域の皆様の温かいご支援をいただき、学校の発展に努めているところです。

                             甲賀市立大原小学校
                                                                                              校長  中村 尚子

 

 

運動場の土俵とケヤキの木        校舎横の桜並木                 前庭

校舎と桜

 

学校長より 

令和4年度が始まりました‼~ 動き出す 春 ~

校庭の満開の桜に迎えられ、子どもたちのにぎやかな声が校舎にもどってきました。

令和4年度の大原小学校は、38名の新入生を迎え、全校児童195名、11クラスでのスタートとなりました。

始業式では、「ふれ合い 学び合い 高め合う 大原小学校になるよう、友だちと先生と保護者、地域の皆さんと力を合わせて動き出そう」と話しました。「3つのGO!:やさしさGO!・学びにGO!・チャレンジGO!」を大事にして、Collaboration~協働~を合い言葉に一人ひとりが自分の持ち味を発揮できる安心、安全で居心地のよい学校づくりに努めます。

この1年、子どもたちの健やかな成長を職員一同全力で支援してまいります。なかなか先が見通せないコロナ禍で、まだまだ制約が多い中ですが、子どもたちの笑顔あふれる日々がたくさん迎えられますよう、家庭・地域のお力添えをどうぞよろしくお願い申しあげます。