学校長あいさつ

学校長あいさつ

本校ホームページをご覧頂きありがとうございます

本校は、明治6年(1873年)3月8日、大久保に文明学校が設置され、その日を記念日とし今年創立147年目を迎えます。令和2年度は、10クラス児童数192名でスタートしました。

甲賀市甲賀町の中央部にあり、校区は東西約12km、南北約6kmと広く、西部にはJR甲賀駅、市役所甲賀大原地域市民センターなどの主要施設があります。中部は農村地帯、東部は鈴鹿山系に連なる山林となっており、自然に恵まれた緑多い地域です。

◇ 本校の教育目標

歴史、自然に恵まれた校区から本校では「ふるさとを愛し、豊かな心をもち、共に磨き合い、たくましく生きる子どもの育成」を学校教育目標にあげています。    

お互いの学び合いを通して確かな学力をつけ、お互いの心を通じ合わせて笑顔にあふれ、学校へ行くのが楽しい学校となるよう「ともに学ぶ子」「ともに生きる子」「ともに励む子」を合い言葉に児童の育成を行っています。

また、児童が故郷を愛し、自分への夢を持てるよう、地域の人とつながる活動、本物に出会う活動など様々な地域に根ざした取り組みをおこなってまいります。

 

◇ 学校・地域の様子

校区には、鈴鹿国定公園の特別地域とされている大原ダムがあり自然に恵まれた緑多い地域です。4月には櫻の花が綺麗に咲き誇ります。また、日本最古座像のある櫟野寺が近くにあり歴史の深さを感じます。

大原小学校の運動場には子どもたちを見まもるかのように樹齢200年以上も生き続ける大きなケヤキ、そして、その隣には春、秋の相撲大会を今か今かと待ち望む伝統ある土俵がしっかりと腰をおちつけています。また、そばを流れる大原川のほとりには、約20年前、卒業記念として植えられたソメイヨシノ、八重桜、牡丹桜など多くのサクラが咲く時期をずらしながら春の彩りを見せてくれます。

◇ 本校の特色

本校の特色として、「子が植え 親が育てる」を合い言葉にした6年生の植林活動、櫟野寺で行う4年生の相撲大会、全国大会に28回以上の出場を誇る交通安全子ども自転車大会参加など数多くの伝統に支えられた取り組みを行っています。

これら歴史ある活動は学校の行事への位置づけと共にそれぞれの活動を学校全体、各学年の教育課程として行い充実を図っています。いずれも歴史と伝統を持ち、学校と保護者・地域が力を合わせて築きあげられてきました。保護者・地域の皆様の温かいご支援をいただき、学校の発展に努めているところです。

                             甲賀市立大原小学校
                                                                                              校長  中村 尚子

 

 

運動場の土俵とケヤキの木        校舎横の桜並木                 前庭

校舎と桜

学校長あいさつ 7

本格的な夏の暑さを感じるこの頃です。

例年ですと、水泳の学習でプールの水を気持ちよく感じたり、近づく夏休みを心待ちにしたりする時期ですが、残念ながら今年は、様子が違います。

しかしながら、ご家庭の協力のおかげで、学校再開後も元気に登校する子がほとんどで、日々の学習や活動に励んでいます。油断は禁物ですが、この穏やかな落ち着いた毎日が続くことを願うばかりです。

619日には、今年度初めてのPTA協議委員会を開催しました。新型コロナウイルス感染防止のために、PTA行事や活動も見直す必要があります。役員の皆さまにご協議いただいたことを、よりよい方法で進めていきたいと思っています。保護者の皆さまにおかれましても、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

                                                  

学校長より 720

そろそろ梅雨明けの声が聞こえてきそうです。今年も日本各地で大雨による大きな被害が出ています。被害にあわれた方に心からお見舞いを申しあげるとともに、新型コロナ感染予防同様、「他人事」ではなく、「自分事」と捉え、日ごろから災害に対してしっかりと備えておく必要があると再確認いたしました。学校では、「自分の命は自分で守る」ために、特に「危険を予測する力」を高めるための学習を取り入れています。日常生活のさまざまな場面に危険なことは潜んでいます。それを予測し、回避できるよう、災害時に備えても、ご家庭で子どもたちと話し合っていただけるとありがたいです。

また、これからの時期は、水の事故も増えます。今年はプールでの水泳学習を実施しないこともあり、ご家庭で海や川、プール等へ出かけられることも多いかと思います。水深が自分のひざ下でも、流されると水を飲んでしまい、おぼれることがあります。安全に水遊びができますよう、保護者様の見守りをお願いいたします。

                                                                                                                    

学校長より 9月1日

実りの秋に‼ 

いつもより短い夏休みが終わり、2学期が始まりました。梅雨明けが遅かった分、その後の暑さがより厳しく感じられた今年の夏でした。まだまだ残暑が続くようです。新型コロナウイルスの感染予防はもちろんですが、熱中症の予防にも引き続き対応していきたいと思います。

今年は、いつもと違う生活を強いられることが多いですが、そんな中でも、季節は確実に進み、その時期にしか目にできない景色や旬といわれる食べ物、適した過ごし方があるものです。「実りの秋」と称されるこれからの季節は、学習や運動を充実させるのにぴったりです。読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋・・・おいしい物を食べ、適度に体を動かし、落ち着いて読書や学習に取り組む。そうすることで、子どもたちの心や体は豊かに大きく成長していきます。

また、2学期には、1学期ほとんどできなかった学校行事を、規模を縮小しながら少しずつ実施していきます。学習参観や体育大会、社会見学、音楽集会、芸術鑑賞、持久走大会。4年生はやまのこ学習、5年生はフローティングスクール、6年生は日帰りでの修学旅行も予定しています。これらの行事をとおして、自らが意欲的に学ぶ子どもたちを育てたいと考えています。子どもたち一人ひとりの力がぐんぐん伸びていく2学期になるよう、職員一同努めます。保護者様、地域の皆さまのご支援、ご協力をよろしくお願いします。

                                                    

学校長より 10月1日

深まる秋 学びを深める 

「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉にあるように、お彼岸(秋分の日9/22前後)が過ぎると、日に日に秋の気配が深まり、過ごしやすく感じるようになってきました。これからの時期は「秋の日のつるべ落とし」と言われ、日暮れが早くなりなんとなく気忙しくなるのではないでしょうか。こんなふうに季節の移り変わりを感じられることが、コロナ禍の日常の喜びになっています。

9月には、6年生の修学旅行、5年生のフローティングスクールを無事行うことができました。コロナウイルス感染予防対策として、どちらも宿泊のない日帰りでの実施となりましたが、子どもたちのよい思い出になりました。

10月も体育大会をはじめ、社会見学などの行事が予定されています。これらの行事が子どもたちにとって、楽しみながら学びを深める場となり、自分の成長を感じられる機会になればと思っています。

                                               

                        

学校長より 11月2日

さまざまな体験を自分の力に 

 

朝夕の寒さや木々の色づきに深まりゆく秋を感じています。

コロナ禍ではありますが、社会見学など校外に出て学習したり講師を招いて学習したりする機会が多い2学期です。11月も引き続き社会見学や4年生のやまのこ学習、校内音楽会、芸術鑑賞、県立美術館の出前授業(3年、6年)などが予定されています。Withコロナと言われるように、感染防止対策をしっかりしながら、できる範囲で校外に出かけたり、講師の方に来ていただいたりと、子どもたち自身が体験する学習を取り入れていきます。

体験から得た学びは何ものにも代えがたく、子どもたちの育ちの根底となる「生きる力」となって蓄えられていきます。さまざまな体験をとおして、探求心や想像力、根気強さなどを高めていきたいと思います。

                                                                                                                          

学校長より 12月2日

ふり返りを大切に 

吹きつける風の冷たさに冬の訪れを感じるこの頃です。

早いもので2学期のしめくくり、1年の終わりの12月になりました。今年は世界的な新型コロナウイルス感染症の流行で始まり、今現在もまだまだ収束が見えない状況で1年が過ぎてきました。感染状況に一喜一憂しながらも社会的な活動や経済を止めることなく、それぞれがそれぞれの立場で知恵をしぼり、工夫を凝らしてこられたことと思います。子どもたちも同じで、戸惑いや不安を抱えつつ、マスク着用や手洗い・消毒の実施、換気、ソーシャルディスタンスを保ちながらの学習など学校での新しい生活様式があたりまえになってきています。これからの冬期は、気温の低下や乾燥で、新型コロナウイルスだけでなくインフルエンザなどの感染症がさらに流行しやすくなると言われています。引き続き気を緩めることなく予防対策を徹底し、2学期のまとめと1年のしめくくりをしていきたいと思います。

2学期は『実りの秋』ということで、子どもたちはさまざまな学習や体験から、たくさんの「できた!」「わかった!」「がんばった!」の実を実らせてきました。それらをふり返ることで、自分の成長や頑張りを確かめることができ、次の学びや活動の意欲へとつながります。日々の授業でもふり返りの時間を大切にしながら学習を進めています。ご家庭でも子どもさんと一緒に、今年一年をふり返り、それぞれの成長を喜び合いながら新しい年を迎えていただけたらと思います。

                                                                                                                                           

よいお年をおむかえください‼

~ 2学期 みんなよくがんばりました  ~

 

  暑さが残る8月中旬から始まった2学期も、25日で終わりを迎えました。この2学期は、すべての学年において、さまざまな体験から学びを深め、それが一人ひとりの力となって生き生きと活躍することができました。「やさしく」「かしこく」「たくましく」成長している姿をたくさん見ることができ、本当にうれしく思います。この年末年始は、子どもたちの成長を認め、励まし、喜び合いながらゆっくりお過ごしいただけるとありがたいです。

  12月は大原小学校がやさしさいっぱいの学校になるようにと全校のみんなで考えながら過ごしてきました。おおはら人権の木には、次のような「ありがとうメッセージ」がいっぱいです。

 

    ・用務員の旭さんへ:いつもはっぱを集めてくれてありがとう。

・スクールガードさんへ:いつも私たちのために早起きして、横断歩道に立ってくださってありがとう。

・先生へ:いつも勉強を教えてくださりありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

   ・家族へ:いつも周りのことをしてくれてありがとう。ぼくも手伝いがんばります。

   ・クラスのみんなへ:いつも助けてくれたり勉強でわからないところを教えてくれたり…ありがとう。

                                                                                                                                   

  明日から始まる冬休みは、お正月などでいろいろな人とふれ合う機会が増えます。今年は新型コロナウイルス感染症予防のため、多くの人が出会ったり行き来したりするのが制限されていますが、直接会えなくてもふれ合うことはできます。「ありがとうメッセージ」のように自分の周りに目を向けて、一年分のありがとうの気持ちを伝えることができる冬休みにしてほしいと思います。そして、「ありがとう」と感謝した気持ちで、次は誰かのために、自分が手伝ったり優しくしたりできるといいなと思います。

  保護者様、地域の皆様、今年も多大なるご支援、ご協力をいただきありがとうございました。どうぞ皆様そろって、よいお年をお迎えください。

 

新しい年をむかえて 

2021年、新しい年を迎え、3学期がスタートしました。年末年始も新型コロナウイルス感染症の拡大、自粛自制の報道が連日なされていましたが、子どもたちは、冬休みを楽しく過ごしたことを話してくれていました。しかし、感染状況は大変厳しく、いつ、どこで、だれが罹患してもおかしくない現状です。始業式には「手洗い、マスク着用、くっつかない、換気、大声をださない」等の感染予防について子どもたちと再度確認しました。特にマスク着用の注意点や換気を行う上での服の着方について養護教諭から具体的な指導をしました。

3学期は登校する日が50日程度ですが、1年間の学びを確かめ、確実なものにする大変重要な学期です。次の学年や中学校に向けてよりよい準備ができるよう、職員一同子どもたちとともに精一杯努めたいと思います。本年も保護者様、地域の皆様の変わらぬご支援、ご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

厳しい寒さのあとには… 

  今年は、2月2日が節分です。この日が節分になるのは、明治30年以来124年ぶりだそうです。節分は季節の分かれ目を意味し、立春の前日とされています。ほとんどの年で「2月3日」がそれにあたりますが、立春は「2月4日」に固定されたものではないそうです。それは、地球が太陽の周りを回っていることと関係があるようです。地球が太陽の周りを1周すると1年ですが、1周にかかる時間は厳密には365日ではなく365日と約6時間かかり、そのわずかなズレを調整するのがうるう年です。2020年はうるう年で2月が29日までありました。さらに、地球が立春の位置を通過する時間単位でみると、わずかなゆらぎがあるため、立春の日付が前後するそうです。それにあわせて節分の日も動くことになります。

  こんなふうに節分は、天文学的なことと関係しながらも、昔から季節の行事として大事にされてきました。「鬼は外 福は内」という言葉とともに豆まきをしたり、1年を健康に安全に過ごせるようにと願いながら年の数だけ豆を食べたり(最近は恵方巻を食べることも多いですが)、鬼の苦手なイワシの頭を柊の枝にさして玄関に飾ったりと今の時代も大切に受け継がれていることがあります。コロナ禍でなんとなく暗い気持ちになりますが、こんな時だからこそ、家族そろって昔からの風習を感じる時間があってもよいのではないでしょうか。

  節分が過ぎると2月3日は立春。季節は少しずつ春へと移り変わります。まだまだ厳しい寒さが続きますが、この寒さのあとには必ず暖かな春がやってきます。次の学年や中学校に向けて、期待に胸をふくらませつつ、今できることをしっかりとやり遂げていきたいです。保護者様、地域の皆様のお力添えをよろしくお願いいたします。