大原小学校

伝統の重みを感じて

大原小学校の伝統行事である、校内相撲大会が6月5日に行われました。当日は、天候にも恵まれ、多くの保護者が見守る中、白熱した取り組みが見られ、観客からの大きな拍手に包まれ、無事終了することができました。

この校内の相撲大会は、昭和52年の土俵完成以降、本校の伝統ある行事として続けられ現在に至っており、6月に春場所、そして秋場所が10月に行われていました。

令和元年度から、体育大会が10月に開催されることになったので、6月に春場所として、全校一斉の校内相撲大会を開催し、秋には、秋場所として、1200年あまりの歴史を持つ櫟野寺での奉納相撲に4年生が参加する予定です。

この伝統ある行事を通し、子どもたちがふるさとを愛し大原を大切にする子どもに成長してくれることを願っています。

        
 28 校舎

我が校の校章・校歌

↑ 音楽が演奏されます

あなたは22550人目の訪問者です