学校長あいさつ

学校長あいさつ

 希望ヶ丘小学校は、昭和60年4月に開校し、平成30年度で創立34年目を迎えます。今年度は、81名の入学生を迎え、全校児童527名でスタートを切りました。 
 今年度は、学校教育目標を『人と人との豊かなつながりの中で、学び続ける、心豊かでたくましい子どもの育成』としました。平成16年度から続いていた学校教育目標に「学び続ける」の文言を加え、新たなものにしました。
 これからの時代は、グローバル化の進展や人口知能(AI)の飛躍的な進化等々により、予測が困難になってきます。このような状況の中では、様々な変化に積極的に向き合い、学びを続け、他者と協働して課題を解決していく力の育成が重要になってきます。そのような意味をこめて上記の教育目標を設定しました。また、経営方針を『チームワーク、フットワーク、ネットワーク』、目指す子ども像を『スマイルド』(笑顔(スマイル)+穏やかな言葉(マイルド))として、本校教育を進めてまいります。
 今年度の重点事項は以下の3点です。

 1.自学:やる気のある子ども   
   ◎主体的・対話的で深い学びの推進(授業改善)
        ・こうか授業術5箇条の実践   ・予習を活かした授業づくり
   ◎家庭学習の充実
        ・予習、復習、自主学習の工夫  ・家庭との連携強化
 2.自律:思いやりのある子ども
   ◎「きぼ小クラス会議」による学びの土台づくり ◎自尊感情の育成
        ・ありがとう、いいとこ見つけ  ・ボイスシャワーによる自己有用感の育成
 3.自主:根気と元気のある子ども  
   ◎特別活動の充実推進             ◎基本的生活習慣の確立
    
    ・児童会活動、学級活動縦割り活動等の活性化   ・あいさつ運動の強化 
    ・スマイルド宣言の取り組み           ・体力向上をめざす運動の推奨

 職員一同力を合わせ、希望ヶ丘小学校教育の充実を図ってまいりますので、ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

                                                                                                                                校長 青木 秀樹