学校長あいさつ

学校長あいさつ

 4月9日、満開の桜のもと入学式を執り行いました。感染拡大防止のため、グラウンドで規模縮小の式となりましたが、74名の元気いっぱいの新入生を迎え、全校児童は509名となりました。
 さて、新型コロナウイルス感染症の影響により、子どもたちが楽しみにしていた新学年のスタートが余儀なくされ、大変残念でなりません。しかしながら、一人ひとりが、これ以上感染が拡大しないよう、健康管理をしっかり行うことが大切です。早くこの感染症が収束するために、しばらくの期間、外出を控えた生活になりますが、元気に学校生活ができる日を楽しみに、家庭学習をがんばってほしいと思います。
 人間は、人と人とのつながりの中で、多くのことを経験し、多くのことを学びます。十人十色、一人ひとりがそれぞれの良さをもっていますので、つながりが豊かになれば学びが増え、心、身体、学びの成長にもつながります。そして、その基礎となるのが心の安定、謙虚な気持ちです。それらを、「笑顔」と「穏やかな言葉・心」で培っていきたいと考えています。そこで、今年度の学校教育目標以下、下記の通りとしました。

 

【学校教育目標】
 『人と人との豊かなつながりの中で、学び続ける、心豊かでたくましい子どもの育成』【目指す子ども像】
 『スマイルド』〈笑顔(スマイル)+穏やかな言葉・心(マイルド)〉

【重点事項】
   (1)『自主』・・・やる気のある子ども  
      (1)主体的、対話的で深い学びの推進
      (2)主体性を育む特別活動の充実
      (3)家庭学習の充実

   (2)『自律』・・・根気と元気のある子ども
      (1)基本的生活習慣の確立 
      (2)運動習慣の確立
      (3)健全な心身を育む食育の推進

   (3)『自尊』・・・思いやりのある子ども  
      (1)自尊感情の育成 
      (2)いじめを許さない居心地のよい学校、学級づくり
      (3)道徳教育、人権教育の充実

 以上の重点の取り組みを、教員も笑顔を絶やさず穏やかな言葉がけ等により進めていきます。教職員一同微力ではありますが、力を合わせ精一杯努力して参りますので、保護者、地域の皆様の温かいご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

                                              校長  今宿 国夫