学校の特徴

学校の特徴

  特徴ある取り組みとして「淡路島モンキーセンター交流事業」と「ワクワク農園活動」の二つの活動を紹介します。
                                   

 まず、「淡路島モンキーセンター交流事業」は、モンキーセンターに手足のない奇形ザルがいることを知った子どもたちが昭和59年以来、毎年、モンキーセンターに無農薬で育てたサツマイモを送り届けている取り組みのことです。今や30年以上続く伝統的行事となっています。それに伴い、5年生を中心に「いのちの日の取組」と称し、サルとの交流を通して学んだことを生かし、いのちの尊さや共に生きる喜びについて考える機会にしています。
モンキ-センタ-

  次に 「ワクワク農園活動」は平成11年度に学校と教育後援会を中心とした地域との連携でスタートした「農業体験学習」です。校地に隣接した広い田畑で、地域毎のリーダー、サポーターさんに指導を仰ぎながら「餅米」と一年を通して様々な作物の栽培学習をしています。10月中旬になると「収穫祭」を開催して、感謝の意を表すために多くの地域の方々を招き、収穫した作物を使ったおもてなしをしています。
田植え

  また、平成24年度より3年生から6年生を対象に朝宮小学校と多羅尾小学校の3校で集合学習を実施しています。少ない人数では成立しにくい体育や音楽を中心に取り組み、効果を発揮しており、事後の子どもたちのアンケ-トでは、もっと回数を増やしたり教科を広げたりしてほしいという意見が多く見られました。
 そこで、平成25年度からは全学年で集合学習を実施しています。