学校長あいさつ

 
  甲賀中学校の前身は、昭和22年の新制中学校として設置され、旧村名を校名とした3つの中学校が昭和24年に統合してできた甲陽中学校であり、昭和30年の町村合併により甲賀町立甲賀中学校と名前を変えました。さらに、平成16年10月の近隣5町の合併により甲賀市が誕生し甲賀市立甲賀中学校となり、現在に至っています。

 この甲賀の町は滋賀県の南部に位置し、鈴鹿山脈が三重県との県境をなしています。古くは伊賀流忍者との抗争で有名な甲賀流忍者発祥の地であり、忍術の流派の中でも薬の扱いに長けていたということが、現在の製薬業が盛んな町を育てたと言われています。また、古琵琶湖層の広がる地域でもあり、その土質を生かした糯米を特産としている地域もあります。

 甲賀中学校は、校歌の中に歌い込まれている

「教養」「敬愛」「健康」「勤労」「協力」「経済」「6K教育」と称して大切にするなかで、

目指す学校像を『生徒の命が守られ(安全)、明日も行きたくなる学校(安心』とし、

学校教育目標を『命を輝かせ 仲間と共に心を耕し 創造力を培う』としています。

 生徒一人一人が自分らしさを大いに発揮し、仲間と共に教え合い学び合うことを大切にしながら、新しいものを創り出していくことを目指しています。

 生徒たちは、明るく素直で、学習はもちろんのこと部活動にも励んでいます。生徒会活動も活発で、体育祭から名称を変えた「翔舞祭」、また、50年以上受け継がれている「10センチ編み(毛糸で1人が10センチ四方の大きさに編み、それをつなぎ合わせてカバーとした座布団を福祉施設等に寄付をする取り組み)」、夏休み中に地域の皆様のご協力を得て行っている「アルミ缶回収(昔の廃品回収を継承したもの)」など、ボランティア活動にも力を入れています。

 

令和4年度に大切にしたいこと 7つ目のK「交流」 

 令和4年度がスタートしました。

 未だに続くコロナ禍のため、学校教育活動への制限が少なからずありますが、このような時代だからこそ、人と人の出会い・交流を大切にし、積極的に交流活動の企画と実践に取り組んでいきたいと考えています。

 例えば、授業での意見交流の場をはじめ、地域の方々との交流、ICTを活用した県外の中学生とのオンライン授業、人権教育や障害者理解教育、国際理解解教育、多様な性に関する教育などにおいて、人の出会いや本物に出会う体験を通じて、「自分のベストを尽くし、共助しあえる」自立した人にさらに成長してくれることを願っています。

 

甲賀市立甲賀中学校 

校長  永  井    泉