甲賀中学校

甲賀中学校校舎画像

  甲賀中学校の前身は、昭和22年の新制中学校として設置され、旧村名を校名とした3つの中学校が昭和24年に統合してできた甲陽中学校であり、昭和30年の町村合併により甲賀町立甲賀中学校と名前を変えました。さらに、平成16年10月の近隣5町の合併により甲賀市が誕生し甲賀市立甲賀中学校となり、現在に至っています。
 この甲賀の町は滋賀県の南部に位置し、鈴鹿山脈が三重県との県境をなしています。古くは伊賀流忍者との抗争で有名な甲賀流忍者発祥の地であり、忍術の流派の中でも薬の扱いに長けていたということが、現在の製薬業が盛んな町を育てたと言われています。また、古琵琶湖層の広がる地域でもあり、その土質を生かした糯米を特産としている地域もあります。
 甲賀中学校は、校歌の中に歌い込まれている「教養」「敬愛」「健康」「勤労」「協力」「経済」を「6K教育」と称して大切にするなかで、学校教育目標を『命を輝かせ 仲間と共に心を耕し 創造力を培う』としています。生徒一人一人が自分らしさを大いに発揮し、仲間と共に教え合い学び合うことを大切にしながら、新しいものを創り出していくことを目指しています。
 生徒たちは、明るく素直で、学習はもちろんのこと部活動にも励んでいます。また、生徒会活動も活発で、古くから受け継がれている「10センチ編み(毛糸で1人が10センチ四方の大きさに編み、それをつなぎ合わせてカバーとした座布団を福祉施設等に寄付をする取り組み)」や8月に地域の皆様のご協力を得て行っている「アルミ缶回収(昔の廃品回収を継承したもの)」など、ボランティア活動にも力を入れています。
  2学期は、体育祭や文化祭・合唱コンクールなど学校全体で取り組む大きな行事があります。練習や準備に仲間と協力して一生懸命取り組むとともに、自分たちが何をすべきか、何を学び、何が大切なのか、楽しいことは勿論、困難なことへも力を合わせてチャレンジすることで、苦難を乗り越える力を身につけると共に、自らを向上させてほしいと願っています。

甲賀市立甲賀中学校 学校長  木村 明美
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ戻るホームページでは個人情報に配慮しながら、甲賀中学校の教育活動の一端をお知らせしています。
詳しくは、学校だよりや学年だよりをご覧ください。

我が校の校章・校歌

↑ 音楽が自動演奏されます

あなたは16290人目の訪問者です