学校の特徴

学校の特徴

 

 本校は、明治8年に創立された。平成元年には文部省指定勤労生産学習研究推進校、平成9年には文部省指定へき地教育研究推進校、平成14年には全国へき地教育研究大会会場校として研究発表会を行った。さらに、平成27年に近畿へき地研究大会の第4分科会会場として発表を行った。
 本校には、全国でもめずらしい学校所有の立派な茶畑があり、お茶を栽培するとともに、お茶を通した学習を中心とする地域に根ざした学習に取り組んでいる。
 また、学校には焼き物の窯があり、児童の作品を薪で焚いている。そして、本校の伝統的な活動として、交通安全を願う折鶴運動や地域に残る民謡「朝宮の唄」の継承も特色ある活動となっている。 

【地域の概要】 

(1)地勢と集落

 甲賀市信楽町は、滋賀県の南部に位置し、京都府・三重県に接した、四季おりおり彩られる自然と清らかに澄んだ大気に富む高原地帯である。奈良時代には紫香楽宮が造営され、古い史跡に恵まれている。また、1200有余年の伝統を誇る信楽焼と銘茶・朝宮茶は甲賀市を代表する産業である。

 朝宮学区は、甲賀市の中で最も西部に位置し、大津市・京都府に隣接する標高300~500メートルの山地の中にある。人家は、この山地を蛇行する信楽川の渓流にそった谷あいに点在し、上流から上朝宮・下朝宮・宮尻の三地区を形成している。宮尻地区の児童は遠距離のためにバス通学をしている。

 

 (2)産業と気候

 地域はほとんどが山林で、耕地は山あいにわずかばかり見られるにすぎないが、丘陵地には茶畑が開かれている。朝宮茶は1200余年の昔、嵯峨天皇の御代が朝宮の地に茶の実を植えられたのが始めとされ、全国五大銘茶産地の一つとして全国にも知られている。大規模なパイロット事業が完成してから大量の茶を産するようになった。

 気温は、甲賀市の平地より平均して4~5℃は低く、朝夕の冷え込みは格別のものがあり、霧が多いのもこの地の特徴である。6月の上旬に降霜をみることもある。夏はしのぎよいが冬季は唯一の交通路である307号線の路面が凍結する日もあり、児童の通学はもとより教職員の通勤にも困難をきたすことがある。